ゲームレビュー

【SEKIROも含めてます!】ソウルシリーズって何から始めるべき?一番簡単な作品は?そのお悩み解決します!

フロムソフトウェアが送る、死にゲーというジャンルを生み出した大人気作品シリーズであるソウルシリーズ。
高難易度アクションゲームで有名な本シリーズは(正式にはソウルシリーズでは無い物を含めるなら)全6作品存在する。

発売順にデモンズ→ダクソ1→ダクソ2→ブラッドボーン→ダクソ3→SEKIROという順になる。
※ブラッドボーンとSEKIROはソウルシリーズでは無い物の、フロムが生み出した死にゲーの作品なのでひとまとめにしました☆

今回はダクソ2以外全てトロコンしたhusahusaがこれらの作品群の中での簡単な順番とおすすめ順や、面白い点・難しい点を解説します!

比較的初心者向けの順番

個人的に一番簡単だと思ったのは、一番最初に発売されたデモンズソウルだと思っています。
人によってはダークソウルが一番簡単だと言う人もいます。

全体の難易度順としては
デモンズ=ダクソ>ダクソ2>ブラボ(本編)>ダクソ3>ブラボ(DLC)>SEKIROだと思っています。

まずはデモンズかダクソで肩慣らしというかフロムのソウルシリーズに慣れてもらって、その後に順に難易度が高い物に挑戦していくのが良いかと思います。

しかし、ブラッドボーンのみ本編とDLCでの難易度の差がすごいです。
ブラボのDLCすごい難しい

そしてその難易度を超えるのがSEKIROです

とりあえず一番難しいのがSEKIROだと思って下さい!

まあ、どの作品も初めてプレイする人はかなり死ぬと思いますw
ソウルシリーズは死んで覚えるゲームです。
一番大事なのは諦めない心!

個人的におすすめできるプレイ順

まあ色々言ってますが、結局あなたがプレイしたい順にプレイするのが一番です!
ですが、注意点が3つあります。

まず一つ目、デモンズソウルは現状PS3のみでしかプレイする事が出来ません。
ダクソとかはPS4でのリメイクとかが来ているんですけど、デモンズはないの……。
リメイクとか来たら絶対やるんだけどなあ……。

そして二つ目、ダクソ2に関してなんですけど、この作品がシリーズで一番異質なゲームシステムです。
細かい事は省きますが、ことごとくプレイヤー側に優しくないというか、ソウルシリーズの中でも一番むちゃくちゃなステージ構成・ギミックなどが多数あるので、一番最初にこの作品をプレイするのはおすすめしません。

いや、面白いんだよ?普通に。
でもソウルシリーズで唯一トロコンしてないという時点で、やり込むほどでは無かったと言う点を察してくれ。
まあPS4のリメイク?完全版?で相当(高難易度の方向に)調整されているので当初よりは面白くなっていると思います。

最後に三つ目!
基本的にソウルシリーズは全部別舞台と言う設定です。
ですが!ダクソ1→ダクソ3のみ1で登場したステージが3で出てくると言う胸熱な展開があります。
そのステージはダクソ1で人気なステージだったこともあり、たどり着いたときの感動は相当な物です!

なので、その感動を皆さんにも味わってほしく、是非ダクソ1→ダクソ3という順番でプレイして欲しいです!
※ダクソ1→2→3でも可。とりあえず1をやる前に3を先にやらないで!

ブラッドボーンは”シリーズ一コア”な作品

シリーズの中でもブラッドボーンはクトゥルフ神話を参考に作られている分、世界観や登場人物がよりコアでサイコチックです。

ソウルシリーズとは全く別のベクトルの作品でありながら死にゲーとしてのコンセプトはそのままに沢山死ねます♪

てかDLC難しすぎな!
でもDLCのボスがこれまたかっこいい奴ばっかりなんだよなあ……。

ブラッドボーンをやるなら絶対にDLCまでやること!!!!
ブラボの魅力はDLCが5000%ぐらいです!

シリーズ一難しい戦国リズムアクションなSEKIRO

最後に一番難しいと思ったSEKIROについてです。
この作品をソウルシリーズとしてカウントするのはどうかと思ったのですが、フロムの作ってる死にゲーアクションだしソウルシリーズでしょ!という事でカウントする事にしました。

そんなSEKIROの大きな特徴が、
・メイン武器は刀のみで、忍び義手というサブ武器で戦術の幅を広げる
・ソウルシリーズにあるレベルアップシステムが無い
・スタミナゲージが無い代わりに体感ゲージというものがある
という三点があります。

え!?レベルアップ無いの!?
ええ、そうです。無いんです。

レベルを上げて物理で殴る。
そんな事が出来ないんです。
そんな仕様のせいかラスボスの撃破トロフィーは25.5%程……。

でも待ってください!
このゲームには体感ゲージがある!!
レベルという従来のシステムを排除し、この体感システムを導入したおかげで、マンネリ化していた死にゲーに全くの新しい風を呼び起こしたのです!

敵の体力を直接削りきるのも良し、攻撃の手を止めずに体感ゲージを溜めきって大ダメージを狙うのも良し。
適切なタイミングで攻撃し、防御し、回避し……と雑魚敵やボスに最適な行動を死にながら学んでいく事で攻略して行くゲームです!

故にこのゲームは死にゲーではありません。
戦国リズムアクションです。

結局どれが一番面白いの?

うーん、全部!ww

……いやほんとに!

まあしいて一番を上げるならSEKIROかなあ?
次にブラボでダクソ3かな?

やっぱり最新のものであるほどゲームとしてのクオリティーが高いです。
でも難易度も高いです。

SEKIROとかそもそも死にゲーを初めてプレイする人が始めると発狂すると思います。
ソウルシリーズ経験者が発狂するレベルです。実は俺も序盤で発狂した。
それぐらい難しいんです。でも面白さも随一です!本当に完成度が高い!

そんなSEKIROと張り合えるのがブラボです。
クトゥルフ神話というかなりコアな作品をストーリーの中核に組み込むことで、ストーリーの斬新さと面白さを引き出しています。
本当よくこの題材を扱い切ったなという感じ。
人によってはブラボが一番だと言う人もいます。

ダクソ3は勿論面白いんですが、ダークソウルというシリーズの集大成の作品なので、単体というより、123合わせての面白さという感じ。
単体ではその面白さを引出しきれない感じですね
十分面白いですが!!!

結論

ソウルシリーズは全て面白いです!

始めにプレイするならデモンズかダクソ1です。
そして他の作品も全てプレイしてください。

やがてあなたは死にゲー沼に嵌る事でしょう。

ABOUT ME
アバター
husahusa
ゲーム大好きなゲーマ。 自分の持てる情報や攻略法を共有したいと思いブログを始めました! 簡単なものから難しいものまで幅広く攻略やレビュー記事を書いています! 他にも雑談は勿論、ゲームアプリの紹介やブログデザイン記事なども書いています! PSNアカウントID:SIN_K15 良ければtwitterやpsnでフレンドを送ってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。