ゲームレビュー

【ゲームレビュー】ネタバレ無し!SFの王道ながら、上手くゲームシステムと融合させた異色作:十三機兵防衛圏

今回は今更ながら「十三機兵防衛圏」をクリア&トロコンしましたので、レビューしていこうと思います。

因みにプレイ時間は約20時間程。
1クールで終わるアニメを見ていたように思います。

ゲーム概要

13人の主人公が紡ぐジュブナイルSF!
1985年の日本も突如出現した「怪獣」によって崩壊していく世界を救うため、13人の少年少女たちが立ち上がり、大型ロボット兵器である「機兵」に乗り込んで怪獣との戦いを繰り広げていく。

という事で、ゲーム本編は主に13人からなる主人公キャラの誰かを操作しストーリーを進めるアドベンチャーパートの「追想編」。主人公たちが"機兵"と呼ばれる巨大なマシンに搭乗し、同じく巨大な敵と戦うシミュレーションバトルパートの「崩壊編」。上記二つで集めた資料や設定などが観覧できるアーカイブの「究明編」の三つのコンテンツで形成されているゲームになります。

基本的に追想編でストーリーを辿っていくというのがメインコンテンツになっていると思います。

SFの基礎に独自のエッセンスを加えたおかげで、最高の出来になったストーリー

本作でまず一番に言われるのが、ストーリーの面白さだと思います。
元々発売当初本作はストーリーメインの作品だと言う事は散々アナウンスされていました。
蓋開けてみると、その完成度の高さから高評価となったのです。

どういう部分が面白いのか?

早速確信に迫るようですが、この作品の面白さは大元の基礎部分をSFの中では定番・ありきたりとされる要素で構成されていながらも、1~10ある順番を製作者側である程度バラバラにしたうえで、それをプレイする順番をプレイヤー側に自由に選ばせているという点です。

どういう事かと言うと、例えば作中一番初めにプレイする「鞍部十郎」というキャラクターがいます。
所謂チュートリアルなのですが、実はこの時の作品の時系列というのがだいたい3か4ぐらいの位置にあるのです。

既に”何か”が起きている中でプレイヤーは物語を追っていきます。
他のキャラクターは例えば時系列の5ぐらいの位置に居たり、逆に10ぐらいの位置に居たりします。
プレイヤーは進めていく中で段々と主人公たちに何が起きたのか?この世界で何が起きているのか?というのがわかってきます。

こういった作品は特に自身で考察しながら進めていく人には特にお勧めできるシステムになっています。
更には13人いる主人公たちの誰から進めても問題なく、誰か一人だけを先にクリアしても全体像というのはある程度しかわからないという状態になります。

勿論とあるキャラクターは割とストーリーの確信に迫る内容のものがありますが、その辺りはどうあがいても一番最後に攻略できるようになっていて、その辺りの配慮もされているのが考察好きの人々にとって高評価の要因になるのです。

ストーリーのタネがわかっても結末までは読めない展開

最初に本作のストーリーはSFの基礎的な話、ありきたりな話を基本としていると言いましたが、それではここまで高評価にはならないとお思いでしょう?

実際「あーこういうパターンね」「はいはい、こういう奴あるよね」という物が多かった(SF好きにはよく目にするパターン)ですが、で?結局どうなるの?というオチの部分が全く読めなかったというのが、シンプルに凄いなと思いました。
並みの食材を使って最高の料理を出された感覚です。

ストーリーとバトルのバランスが一番のネックか?

本作で少しネックに感じたのが、ストーリーパートとバトルパートのバランスでした。

本作のシステムとして、ストーリー途中で一定のタイミングでそのキャラクターのストーリーが進められなくなります。
その際に誰々のストーリーをここまで進めてくださいというアナウンスが入ります。
製作者側からの配慮と言うか、ストーリーを最高の形で楽しんでもらいたいとの事なのでしょうが、この際に条件としてバトルパートのどこどこまで進めてくださいという場合があります。

こういった別コンテンツでの制限は嫌い!という人は少なくないと思いますし、そもそもバトルパートいらねえ!という人もいると思います。
要はこの作品を完全にノベルゲームとして楽しみたいという人がいるだろうなと言う事です。
実際husahusaも盛り上がってきたというタイミングでバトルパートによる制限を受けて少しげんなりした部分はあります。

しかし、バトルパートはバトルパートで楽しめました。
しかもバトルパートのステージ開始時点でもキャラクター同士の掛け合いやストーリーの進行もあってそういう部分での楽しみもあり、最後まで飽きなく続けられました。
難易度も三段階あり、シミュレーションゲームが苦手と言う人でもクリアできるレベルの難易度になっています。

総評

とりあえずやらないのがもったいない作品!
普段ノベルゲームをやらないという人、ストーリーとかあまり興味ないという人、SFとかぜんぜんわかんねえ!と言う人でも問題なく楽しめると保証します!

SF作品の中でも特に分かり易い設定で、状況を理解しやすく退屈せずにプレイできますし、それでいて伏線の貼り方や真相の明かし方やその後の結末など最後まで夢中でプレイ出来ました!

クリアまで20時間と、初めに言いましたが、一つの1クールアニメを見終わった感じで満足感が凄かったです!

もし少しでも興味があればぜひプレイしてみて下さい!

ABOUT ME
husahusa
ゲーム大好きなゲーマ。 自分の持てる情報や攻略法を共有したいと思いブログを始めました! 簡単なものから難しいものまで幅広く攻略やレビュー記事を書いています! 他にも雑談は勿論、ゲームアプリの紹介やブログデザイン記事なども書いています! PSNアカウントID:SIN_K15 良ければtwitterやpsnでフレンドを送ってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。