ゲーム

PCゲームを唯一トレードできる!?ゲーム販売サイト「indiegala.com」を紹介!

今回はpcゲームを購入できるサイト紹介第三回!という事で「indiegala.com」というサイトをご紹介します!

第1,2回と有名どころを紹介しましたが、今回はかなり聞き覚えの無いサイトかと思います。
しかし、このサイトは唯一と言って良いゲームキーのトレードが出来るサイトとなっているのです!

勿論ゲームを購入したり、ゲームの詰め合わせのバンドルセットの販売などもやっていますが、今回はトレードのやり方をメインで紹介していこうと思います!

準備するもの

indiegalaでゲームのトレードをする場合に必要なものは主に二つです。

・(主にsteamの)ゲームキー
・indiegalaのアカウント

まあ当たり前ですが、この二つですね。

ゲームキーに関してはトレードが行われている97%ぐらいのものがsteamのキーなのが基本です。
その際のゲームキーというものは、Fanatical等のsteam以外の場所で購入した際に表示される「XXXXX-XXXXX-XXXXX」の様な15桁の英数字の組み合わせのコードの事を言います。
この辺はよく海外サイトでゲームを買う人にはなじみ深いものだと思います。

二つ目のアカウントに関しては、その他のサイトと変わりなくindiegalaでも作るだけです。
勿論無料で作成できますが、ゲームの購入やトレードには必須のものになっているので、こちらのサイトを利用するならどっちみち作成しなくてはなりません。

アカウント作成の流れ

こちらindiegalaのtop画面です。

画面最上部の右側の「LOGIN」からアカウントにログインしてください。
まだ持っていない場合は「SING UP」からアカウントを作成してください。
もしアカウントが作成でき、ログインも出来ている場合は表示が赤い人っぽいマークになります。

確認出来たらそのマークをクリックしてください。
そうすると「My Library」に行きます。

こんな感じの画面
で、この画面内の「Trades」のタブを押すとトレードの設定の画面に行きます。

トレードタブの説明

これがtradesタブを押した場合の画面です

現在「new trade」の欄です。
ここで自分のいらないゲームのキーを出品します。

その下「Trades in progress」は自分の出品したゲームの部分です。

こんな感じでリストで出ます。
因みにもしオファーが来ていた場合は一番右のoffersの数字が1とか2とかになってます。

さらに下の「Offers made」は他の人の出品に自分がオファーを出したものがリストで出ます。
一番下の「Trades completed」はトレードが成立したものがリストにでます。


実際の出品~オファーのあれこれ

まずは自分の不要なゲームを出品する場合の説明です。
先ほど説明した通りnew tradeから出品します。

・Title
ここには出品するゲームのタイトルを記入しましょう!
基本的に英語表記で、タイトル以外に何も書いてない場合はここではsteamのキーだという事が当然?ってなっているので、steam以外のキーの場合はゲームタイトル横に(EPIC)みたいにそれぞれのプラットフォームを記入しておかないと、後々詐欺だ!とか言われるぐらいsteamキーが普通なので注意しましょう!

・Description
ここにはそのゲームの説明を記入します。
ですが、基本的に皆steamの自分ウィッシュリストのURLを書いているので同じにしときましょう!
husahusaの場合ですが、ウィッシュリストのURLと、英語でsteamキー以外はいりませんって書いてます。

・you game
この部分は出品するゲームのURLとゲームキーを記入します。

一番上のbundle/storeとかの部分はindiegalaで購入した場合に使用する欄です。
indiegalaは購入した商品が一旦自分の専用のライブラリに保管され、そこから更にキーを表示するというめんどくさい仕様です。
なのでここの欄はそういったライブラリに入っているものを入れます。
俺はやったことが無いので割愛します。

殆どの人が使う事になるのはその下の部分
薄い字でinsert steam app urlって書いてある部分ですね。
ここには出品したゲームのsteamのurlを貼ります。
そうすると右隣のRetrieve app dataの部分が押せるようになるので押してください。

押すとこんな感じになります。
※今回は説明の為にモンハンライズを選んでいますが、ちゃんと出品した作品と同タイトルのゲームを選びましょう!

次に、新たに出てきたInsert steam app serial-keyの部分に用意したsteamのゲームキーを入れましょう!
steam以外の場合も全て同じ処理で大丈夫です。ちゃんと最後にもう一度selectのボタンを押してください。

・Requested games

いよいよ最後のリクエストゲームの欄ですが、ここでは文字通り自分が欲しいゲームを記入します。

方法は出品時と同じく、一番上のinsert~の欄に、欲しいゲームのsteamのゲームページのURLを入れるだけです。
ここでは最大4つのゲームが希望できます。

が、皆大体steamのウィッシュリスト見たりするの役に立ったり役立たなかったりって感じです。

下の3days・1week・2weekというのはどれくらいの期間出品するのか選ぶ欄です。
そうです、最大二週間しか出せません。
もしトレードのオファーが来なかった場合もう一度出す必要があります。ドンマイ!俺もそういうの30作品ぐらいあるぜ!ぜんっぜんオファー来ねえのwww

最後に一番下の赤い「CREATE」ボタンを押したらようやく出品完了です!

出品の画面はこんな感じ

いやあ、中々めんどくさいですね!
husahusaは一時期ここに同時に20作品ぐらい出品している時期があったので、二週間ごとに地獄を見ることになったので程々がいいのかもしれません……。


使用していて思った事・注意点

まず最初に、皆がゲームを出すタイミングと内容が似ているという事。
これは例えば毎月販売しているハンブルストアの「ハンブルチョイス」というサービスが主かと思います。

こういうの

 

ハンブルチョイスは海外でも特に知名度が高いので、こういったサービスを利用している人は多く、選ばれるのは事前にわからないという特性上どうしても被りが出やすいです。
なので、今月で言うとスターウォーズの奴とかをよく見かけました。
逆に言うと、バンドルに含まれているゲームに欲しいのがあったら一回ここを覗いてみてもいいかもしれませんね!

後は「お前、これ本当にトレードしてもらえるって思ってオファーしてんのか!?」と思うレベルでのシャークトレード案件が来たりしますが、基本的に無視でokです。
というかオファーに対して取れるアクションが許可のみなんで、交換したくないってなったら無視するしかないです。


交換する時の相手に対する信用度を見るには

このサイトはあくまでゲームキーを交換する場所を提供しているだけなので、特に保障とかはありません。やったもんがちな部分があります。
勿論ユーザーはそんなの嫌なので色々と信用できるかの指標を見ています。

indiegala側が用意した指標が一つあります。

それがこれ。
何かというと今までトレードした際の評判(Reputation)です。
husahusaで言うと+55という評判。
これは少なくとも55回以上は取引後にポジティブな感想を受けているという事になります。

この数字は純粋に取引回数の数値ではなく、取引後に評価を得た場合の数字なので、取引はしたけど評判まではいれてないとか、ネガティブ評価をされているとかで、実際の取引件数は大体60~70ぐらいかと思います。
ですが、この数字が大きければそれほどトレード経験があるという事+信用度が高いという事になるのでこれで見分けることが出来ます。

もう一つはindiegalaアカウントにsteamのアカウントを連携しているかどうかです。
indiegalaは取引後に相手に連絡する手段がありません。
なので、詐欺をする気が無くてもリージョンロックや使用済みのキーなどで有効化できない場合、相手に連絡する手段としてsteamアカウントに連絡を入れるという手段を取っています。
このアカウントの連携をしていないユーザーとの取引は気を付けた方が良いです。

他の人の出品を見たり、オファーするには

勿論自分以外の人も色々ゲームを出品しています。

それを見るには、COMMUNITY→Tradesを選択

そうするとこういう画面になるので、欲しいなと思ったゲームのものをクリック

クリック後少し下にスクロールするとこの画面が

ここに自分が出すゲームのsteamのURLを入れてボタンを押す。
その後ゲームキーを入力できるようになるので入力してまたボタンを押したらオファーできます。
後は相手がそれを了承するかです。

終わりに

いかがだったでしょうか?

元々はとある方のブログにてこういうコメントをしたのが始まりでした

このコメントをきっかけに今回のトレード方法の紹介記事を書くことになりました!
ここがわからなかった、これはどういう事?等あればそれぞれ追記していこうと思いますので是非是非コメントください!

ABOUT ME
husahusa
ゲーム大好きなゲーマ。 自分の持てる情報や攻略法を共有したいと思いブログを始めました! 簡単なものから難しいものまで幅広く攻略やレビュー記事を書いています! 他にも雑談は勿論、ゲームアプリの紹介やブログデザイン記事なども書いています! PSNアカウントID:SIN_K15 良ければtwitterやpsnでフレンドを送ってください!

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    詳しい情報をありがとうございます。
    記事を読んで挑戦したのですが1つ出品してから次も出品をと作業してたのですがキーを入力した後にキャンセルしか表示されません。
    最初は出品制限ある感じですかね?

    • husahusa より:

      出品制限などは無いですよ!
      恐らく、出品した瞬間にもう一度出そうとしたと予想しますが、一度出品した後1分ぐらい待ってみてからやってみて下さい!

  2. 匿名 より:

    遅くなりましたが出品できました!
    トレード成立する気がしませんが気長に待ってみます。
    この記事上げてくれてありがとうございます^^

  3. koubacho より:

    お世話になっております。
    色々出品したんですけど中々ですね~
    対価に見合わないものばっかりオファーしてきて苦笑いするしかないw
    1人だけオファーを出さずにSTEAMのフレンド申請してきた奴がチャットで交渉してきたんですが、こいつが自治厨で詐欺が横行してるからチャットで取引しようと持ち掛けてきたんですよ。俺はこれだけ評価されてて詐欺を防ぎたいから初めての取引はチャットでやるのが普通だ。フォーラムを見て来いと。
    husahusaさんからの評価もあったけど面倒すぎて無視してます…。
    初めての時ってチャットで取引しましたか?

    • husahusa より:

      活用していただきありがたいです!
      対価に見合わないものを出す人は本当に多いですw
      ウィッシュリストを見ていないんだと思いますw

      自分は初めての取引の時は普通にインディガラ内で終わりましたし、基本的にインディガラで全て終わらせるのが普通ですね。
      せっかくそういう手間を省けるのでねw

      ただ、相手方の言う事も一理あるかなとは思います(それが普通だとか、フォーラムを見て来いとかは押しつけがましいですが……)
      でも結局インディガラで取引してないので評価されない=まだ0のままって事なので意味ねえなって思いますw

  4. koubacho より:

    ですよね…。
    あとから他の品で評価するからって言われたけどこっちからしたらお前が詐欺師に見えるわて感じです。
    つまらん質問に付き合っていただいてありがとうございます。
    いづれまたあちらで取引お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。