雑談

密かに話題!?「ブロックチェーンゲーム」という新たなジャンルが流行るかもしれない?いや無理でしょ……あえて問題点を上げていきます

ゲーマーの皆さん、「ブロックチェーンゲーム」って聞いたことありますか?
あんまり聞いたことは無いって人や、何も知らないよって人も多いんじゃないでしょうか?

簡単に説明すると、ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨の技術で作られたゲームのことです。

仮想通貨と聞くとハードルが高そうに聞こえますが、何の問題も無く普通に他と同じように、ゲームをプレイする事が出来ます。
そのゲームに仮想通貨を使いアイテムの売買が出来ると言ったものになっています。
要はRMT(リアルマネートレード)を仮想通貨で範囲的に許可したシステムになっています。

ブロックチェーンでは主に以下のアイテムのトレードや関わりが可能になっています。
・キャラクター
・データの保存
・コンテンツの利用料

今回はキャラクターに関して詳しく解説していこうと思います。

コンテンツの利用料とかシステムの解説の部分は詳しく他の方が纏めている物が多いです。
今回のテーマとしてはブロックチェーンゲームは流行るのか?という点で語っていこうと思います。

ブロックチェーンはキャラクターを売買できる!

少し触れましたが、ブロックチェーンゲームの一番の目玉は何と言ってもアイテムの売買でしょう。

売買というとお金で取引するの?という疑問が湧きますが、そうなんです!
といっても仮想通貨を利用します。ビットコインとかの奴ですね。

ブロックチェーンではこの仮想通貨でアイテムの売買をすることになります。

でもアイテム(キャラクター)って無限じゃね?と思いますよね?
当然です、ガチャは無限に引けるし、当たりのキャラクターが出るまで引いた場合、そのキャラクターを持っている人の割合は多くなります。
そうなってくるとアイテムに価値は無くなってきます。(希少価値も下がる為)

それに対する対処は単純で、上限を設ける事にしたんです。
例えばめっちゃ強いキャラクターを実装した時に、その排出の数を最大100にすると言う設定です。
こうすると、そもそもそのキャラクターは100体しか存在しない為必然的に価値が上昇します。
そうやって市場価値を上げていくわけです。

個人的見解

ここからはhusahusaの個人的見解を語っていきます。

上に書いた通り、ブロックチェーンはアイテムの売買によってゲームで遊んでいるだけで上手く行けば、お金が増えると言う夢のようなシステムになっています。

ですが、現実はブロックチェーンはユーザビリティを徹底的に無視したゲームに適さないシステムになっています。

そう感じた理由を語っていきます。

husahusa的問題点

誰が価値を保証するの?

このシステムはアイテムのアイテムと仮想通貨をやりとりする事が可能なシステムです。
なので、ゲームA→仮想通貨→ゲームBという流れで、間接的に別ゲーム同士のアイテムでトレードを行う事が出来ます。

この時のアイテムの価値は誰も保証してくれません。
要はゲームサービス終了時にそのゲームのデータを持っていても、買う人がいなくなるので価値は0になるという事です。
サービス終了時にアイテムの価値を保証するかどうかは、ゲームを運営する側に委ねられます。
これは法律で最低この額は保証しないといけないと言う物が出来ないとゲーム会社は保障などしないでしょうね……。

賭博になる可能性がある

これは現在でも論議されている事の様ですが、アイテムに限らず、ブロックチェーンのコンテンツを利用する時に仮想通貨を使うのが賭博に値するのではないかと言う事です。

普通のソシャゲの場合、一旦ゲーム専用アイテム(ガチャ石)を現金で課金(買う)することで、使用した金額に対して全ユーザーに同じ価値のあるものを提供しているという方式を取っています。
その後課金したアイテム(ガチャ石)をユーザーがどう使うかは自由ですし、ガチャした結果が人によって違っても、自由選択の結果になるので問題にならないと言う事です。

一方ブロックチェーンは購入時に現金では無く、仮想通貨を使います。
まずこの時点で仮想通貨は国が指定した金銭(お札とかのことね)ではないので、国ごとに定められた一定の価値は保障されていません。

仮想通貨は株と同じく、価値が変動する物です。
そういった変動する資産で、ブロックチェーン内の価値が変動するアイテムを買う事が賭博に値するのではないかと問題視されています。

100円の価値の仮想通貨で、1000円の価値のゲーム内アイテムが変える事もあれば、10円の価値しかない物のみ買えるという状況になるのです。
これはそのまま宝くじや競馬などの賭博になってしまいます。
その場合はブロックチェーンシステム自体を国に認められないと違法になってしまうと懸念されている訳です。

市場規模が小さすぎる

はっきり言って市場規模はかなり小さいです。
特に日本での流行りようは悲惨です。
逆に聞いたことがありますか?

このゲームはブロックチェーンシステムを採用しています!!!!

みたいな?
無いですよね?しいて言えばブレイブフロンティアぐらいでしょうか?
あれはあれで知名度が低い

なのでそもそものマーケティングが殆どされてないんですよね……。
となって来ると相対的に価値は落ちてしまいます。

大手会社や人気ゲームの参入は無い

今現在流行っているゲーム、例えばグラブルやFGO等の人気ゲームはブロックチェーンに参入するのか?

はっきり言いましょう、絶対にありえないです!

そもそも既に成功しているゲームがわざわざブロックチェーンに参入するメリットが無さすぎます。
ブロックチェーンの性質上、キャラクターの排出は数を絞らないといけません。

FGOのマーリンが合計1000体しか存在しない……考えられます?
そりゃブロックチェーンからするとそのアカウントの価値は大きく上がるでしょう。
でも、ユーザーからすると大問題です。確実に炎上するでしょう。

となってくると、今後参入するのは良くわからん会社の知名度も何もないゲームとなります。
そして市場規模も尚更大きくなっていきません。

仮にブロックチェーンで人気になっても離れられない

もしブロックチェーンのシステムを導入したゲームが大人気になった場合、ゲーム会社的にはシェアや資産的価値から、ブロックチェーンを独立したいと考える企業も少なくないでしょう。

その場合、独立する事は不可能です。
仮想通貨を扱い、ゲーム内アイテムと深く結びついているシステムなので、無理やり独立した場合、ユーザーの困惑は必至です。
また、その様な以降の宣言時にはアイテムの資産価値も無くなり、引退者は続出でしょう。

個数限定キャラを手放す事がほぼほぼ無い

システムの性質上、数が限られているので、個数限定のキャラクターを売買する際には殆どが、引退した場合の時でしょう。
逆にそれ以外の場合ではそのキャラクターが弱くなったり、使わない場面が多くなったという事。

そうした場合市場の周りは良くないでしょう。

最後に

今回はあえてぱっと問題点を上げてみました。

だいたい一時間無いぐらいでこれだけの問題点が挙げられたので、システムそのものがまだまだ荒い物だと思います。

ネット上の記事ではほとんどが良い所ばかりを書いてあるものが多く、このような問題点に注目している記事が殆どなかったので今回記事にしてみました。

勿論、この問題点を解消すべく手を尽くしているでしょうが、結局一番の問題点は、ブロックチェーン自体の知名度が無さ過ぎるという点になるのかもしれません。

個人的にまず流行りはしないだろうなとは思っているんですが、可能性は0では無いと思います。
このような取り組み自体は好きですしw

今後に期待ですね!

ABOUT ME
アバター
husahusa
ゲーム大好きなゲーマ。 自分の持てる情報や攻略法を共有したいと思いブログを始めました! 簡単なものから難しいものまで幅広く攻略やレビュー記事を書いています! 他にも雑談は勿論、ゲームアプリの紹介やブログデザイン記事なども書いています! PSNアカウントID:SIN_K15 良ければtwitterやpsnでフレンドを送ってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。